FC2ブログ

太陽系の外から飛来した天体

太陽系の外から飛来した天体

太陽系に太陽系外の天体が飛来したことを人類は初めて観測しました。「A/2017 U1」と名付けられたこ直径数百メートルの岩と氷のかたまりは地球に最接近した後の2017年10月19日に発見され、時速約15万キロですでに地球から観測できない距離まで遠ざかっています。  

太陽系の天体としては移動速度が速すぎ、これほどのスピードがあれば、太陽の引力を振り切ってはるか昔に太陽系を飛び出しているはずなので、A/2017U1は太陽系の外からやってきて、太陽系を通過して再び宇宙のどこかに飛び去ろうとしている天体であることが予想できます。  

これは人類が初めて観測できた恒星間を移動する恒星間天体だったものと思われます。こと座の方向から飛んできたこの天体がいったい何だったのか、どこの惑星系から飛来したのか、これからどこへ飛んでいくのか、それは誰にもわかりません。  次の図はNASAが明らかにしたA/2017U1の軌道です。NASAのサイトではアニメーションで見ることができます。
https://www.nasa.gov/feature/jpl/small-asteroid-or-comet-visits-from-beyond-the-solar-system

この天体ははるか遠くから太陽系に到達し、あり得ないほど偶然にも太陽のごく近くを通過することによって軌道がU字型に大きく変更され、再び太陽系の外に飛び去りました。


関連記事
スポンサーサイト
2017-11-23 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR