FC2ブログ

中国版GPS精度向上計画の展開が速い

日本では数センチの精度でナビゲーションが可能な準天頂衛星みちびき4号機の打上げに成功し、独自の衛星システムが本格運用される段階に来ましたが、中国も産官学軍が一体で開発してきた独自の衛星測位システム「北斗衛星導航系統」の測位精度を従来の2~3倍に引き上げた新システムの打上げを開始します。北斗3号と呼ばれる次世代の衛星シリーズを2020年に35基体制として世界全体をカバーしたい計画です。  

まずは北斗3号衛星シリーズを2018年には18基体制として、中国と欧州を結ぶ陸路と海路の広域経済圏構想「一帯一路」に衛星測位サービスを提供する予定です。 なお、北斗シリーズは1994年に軍が防空システムとして開発に着手し、2000年に初号機の打上げと運用開始、2011年末に民間に開放されました。現在は北斗2号シリーズが23基体制で主に中国と西太平洋をカバーしていますが、位置精度は10メートル前後のため、GPS同等の2.5メートルクラスの高めた北斗3号シリーズの開発を進めていました。  

現在は精度不足のため、中国国内でも北斗の利用比率は約3割にとどまり、米国のGPSが主に使用されています。それにしても、すでに運用している北斗2号シリーズ23基をわずか1年強で新型18基体制に切り替える中国の開発力のすごさが伝わって着る話題です。


関連記事
スポンサーサイト
2017-12-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR