e-ラバー

豊田合成が筋肉のように動く新素材を開発しました。2020年実用化を目指します。  

e-ラバーと名付けられたこの新素材は電気を通す特殊な誘電ゴムを伸び縮みする電極で挟んで作製し、電気を流すと電極同士が近づこうとしてゴムが横に伸びることによって筋肉のように動きます。今後はe-ラバーを何層にも積み重ねて筋力を高める研究に取り組み、2センチ程度積層することができれば、医療用の手術訓練シミュレーターやロボットの動力源として使用が可能だと思われます。


関連記事
スポンサーサイト
2017-12-17 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR