FC2ブログ

体内に設置できる活性酸素クリーナー

国立研究開発法人産業技術総合研究所の研究グループは3種類のタンパク質を組み合わせた、活性酸素を除去できる高機能なタンパク質マイクロマシンを開発しました。

体内で過剰に発生した活性酸素は細胞を傷つけたり、炎症を引き起こしたりしてさまざまな病気の原因になります。今回開発したタンパク質マイクロマシンは、直径0.1ミリメートルの平べったい円盤状で、
・活性酸素を除去する酵素「スーパーオキシドディスムターゼ(SOD)」
・薬剤を結合する「血清アルブミン」
・細胞を捕まえる「抗体タンパク質」
が組み合わされています。抗体が活性酸素を分泌する細胞を捕捉し、SODが過剰な活性酸素を除去し、アルブミンに結合した抗炎症薬が放出されて細胞の活性酸素生成を抑制します。

体内に設置できる活性酸素クリーナー

現在は試験管内で活性酸素を放出する細胞に対して効果が確認された段階ですが、今後は動物体内での研究が続けられますが、形といい、機能といい、まるでZガンダムに搭乗するアナハイム・エレクトロニクス社(AE社)が所有する研究開発施設兼自走ドック艦ラビアンローズのようです。


関連記事
スポンサーサイト
2017-12-18 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QR