ヴォイニッチの科学書 第684回 昆虫の脳と哺乳類の脳は共通の祖先から進化したか

東京大学の研究チームは、キイロショウジョウバエを使って昆虫が体で感じる感覚(体性感覚)を伝達する神経回路の構造を解明し、それが哺乳類と非常に似ていることを明らかにしました。

視覚・聴覚・嗅覚・味覚の神経回路の構造が哺乳類と昆虫で非常に似ていることは過去の研究でわかっていましたが、体性感覚の神経回路についても、哺乳類と昆虫で似ていたことから、五感全ての神経回路構造が哺乳類と昆虫で共通であることがわかったことになります。

このことから推定されるのは、先カンブリア時代(46億年前の生物誕生~6億年前まで)、つまり地球上での生物の誕生の非常に初期に五感の基本を備えた脳を持つ生物が誕生し、その共通の祖先から、私たち哺乳類を含む脊椎動物と昆虫を含む節足動物が分かれてきたというストーリーです。

体性感覚が視聴覚と大きく異なる点は目や耳のような特定の感覚器官が無いことです。体性感覚は体中に分散したさまざまな感覚器官からの情報が脳に伝えられ、それらを統合して感覚を生み出す複雑な構造をしています。

今回の研究ではショウジョウバエの特定の感覚細胞の遺伝子を操作した、体性感覚神経がそれぞれ異なる遺伝子組み換えハエを多種類作製し、感覚器官から脳にいたる神経回路の全体構造を明らかにしました。

視覚、嗅覚、聴覚、味覚、舌触りや熱さは体性感覚の一部・・・ハイボールに手を伸ばして謝ってフライパンに触れるとその他の体性感覚までもフル活用することに・・・
ヴォイニッチの科学書 第684回 昆虫の脳と哺乳類の脳は共通の祖先から進化したか


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


関連記事
スポンサーサイト
2018-01-15 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR