FC2ブログ

ヴォイニッチの科学書 第685回 324種のがん遺伝子変異を一度で検査

米国で使用される医薬品や医療器具は米国食品医薬品局(FDA)で審査や承認が行われますが、このたび米国ファウンデーション・メディシン社が開発した324種の遺伝子変異を一度に探索できる検査法「ファウンデーション・ワン CDx (F1CDx)」が承認されました。

ヴォイニッチの科学書 第685回 324種のがん遺伝子変異を一度で検査

F1CDxは、固形がん、つまり臓器や組織で腫瘍塊をつくる胃がん、肺がん、子宮がんなどの細胞から取り出したDNAを分析することによって324種のがんに関連する遺伝子情報を得ることができる体外診断用医薬品です。  

現在普及しているのは「コンパニオン診断薬」と呼ばれる遺伝子診断方法ですが、コンパニオン診断薬は、がん治療に使用する薬剤とその薬剤が有効かどうかを調べる診断薬の組みあわせが決まっているため、多くの種類の診断薬が必要となる問題がありました。  

今回承認を受けたF1CDxでは既存のコンパニオン診断薬で測定可能ながん関連の遺伝子変異を1回の検査で95パーセントの正確さで調べることができ、最も有効な遺伝子治療方法を患者に提案することができます。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


関連記事
スポンサーサイト
2018-01-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR