FC2ブログ

血液型と心筋梗塞リスク

微小粒子状物質(PM2.5)による大気汚染は、冠動脈疾患患者において急性心筋梗塞などの急性冠症候群を発症するリスクを高めると報告されています。米国インターマウンテン医療センター心臓研究所の研究によると例外的に血液型O型の人はこのリスクが低いようです。  

1993年から2007年のあいだに心筋梗塞などを発症して受診した患者1,285人の治療データとABO式血液型、受診時のPM2.5への曝露レベルの相関を解析しました。 その結果、O型の患者では有意なリスク上昇は無く、O型以外の血液型の患者ではリスクが25%上昇していました。

血液型占いはエンターテイメントですが、血液型の考え方は抗原抗体反応に関わる重要な生命現象が基本にありますので、今後も多くの疾患について血液型との研究が進むものと思われます。


関連記事
スポンサーサイト
2018-01-17 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR