ヴォイニッチの科学書 第687回 イヌはネコよりかしこい?

米国ヴァンダービルト大学などの国際共同研究チームによる研究でイヌの大脳皮質にあるニューロンの数は、ネコに比べて約2倍であることがわかりました。ニューロンは、脳内で情報の伝達を担う神経細胞で、動物の知性を正確に比較するための指標になると考えられています。

ヴォイニッチの科学書 第687回 イヌはネコよりかしこい?
大脳皮質ニューロンの電子顕微鏡写真

今回の研究で比較されたのは脳の最も外側にある大脳皮質のニューロン数です。これらのニューロンは視覚や触覚など外部から得た情報を統合して、意思決定や問題解決などを行う高度な機能を担っています。 ヒトの大脳皮質にあるニューロンの数は160億個ですが、イヌは5億個でアライグマやライオンも同等です。ネコは2億5000万個でクマも同程度です。人類に最も近いオランウータンやゴリラは80~90億個、チンパンジーは60~70億個です。霊長類以外の動物で最もニューロンが多いのはゾウで、56億個のニューロンを持っています。


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


関連記事
スポンサーサイト
2018-01-30 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR