FC2ブログ

世界最古の巣穴化石

名古屋大学博物館が米国ウィスコンシン大学などとの共同研究で、モンゴル西部のエディアカラ紀後期(約5億5000万年前)の地層から海底下に潜入する生物の巣穴の化石を大量に発見しました。

世界最古の巣穴化石

この巣穴化石は当時の海底下に4センチ潜って生活していた動物の巣穴で、丸いパイプ状となって地中でU字型に曲がり、出口と入り口両方が海底に開いています。  

これまでの研究では、海底に巣穴を作る生物が誕生し、活発に活動を始めたのは5億4000万年前以降のカンブリア紀のことだと考えられていましたが、一部の地域ではそれより前のエディアカラ紀から生物による活発な巣穴形成が始まっていたことが今回の研究で明らかになりました。  

このような巣穴を形成する動物はミミズのような手も足もないチューブ状で、一方の端(頭とも顔とも言えない)で摂食を行い、他方で排泄を行う運動性を持った動物であったと考えられます。巣穴を作って暮らす生物がエディアカラ紀に存在していたことがわかったことは大発見です。こののちの時代、カンブリア紀に生物種の多様性が爆発的に広がる、カンブリア爆発が起きたことが知られていますが、そのきっかけは何だったのかということを解明するにあたって重要な知見であると思われます。

世界最古の巣穴化石

関連記事
スポンサーサイト
2018-04-17 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR