FC2ブログ

機能性を持つシルク

シルクは、カイコが産生するタンパク質で、高級衣類に使われます。ですが、日本の養蚕業は小規模で行われ、後継者の問題も抱えているうえに、シルクとそん色ない高機能化学繊維に市場も圧されています。農研機構では養蚕業を未来に伝え、さらに高機能なシルクを作って養蚕業の価値を高める研究が進められています。

シルクの高機能化の手法として、シルク糸を化学的に加工する方法や、カイコの遺伝子を組み替える方法などがありますが、より優れた方法として、2014年に、様々な機能分子を簡単につなげられる「結合の手」をもったシルクが開発されました。当時はコストの問題等があったため、改良が続けられてきました。

機能性を持つシルク

アミノ酸でできた結合の手を持ったシルクは遺伝子組換えカイコに、特殊な飼料を与えることで得られます。 こうして生産されたシルクの結合の手に、化学反応で機能分子をつなげることで、単一のシルクから様々な性質をもつシルクを簡便・迅速に作出できます。  

この方法で高機能化されたシルクは例えば、色落ちしにくいカラーシルク、保湿機能や抗菌機能を持った衣料用途、薬剤を結合した衣料用途などへの展開が期待されます。


機能性を持つシルク

関連記事
スポンサーサイト
2018-04-19 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR