努力は報われるのか?

40年の仕事人生をシミュレーションしてみた結果

世の中には才能があっても貧乏な人、才能がなくても裕福な人もいて、単に能力だけで貧富が決まっているようには思えません。

そこで、イタリアのカターニア大学の研究者らが、コンピューターの中で仮想の人の人生を大量に作り出し、人が裕福になるのを決める要因を調べたところ、それが運であることを明らかにしました。

富の配分には「80:20の法則」という有名な法則があります。富の80%は20%の人によって所有されているという考え方です。世界の人口は75億人ですが、世界トップの富豪8人の合計財産が、貧しい側の38億人の人々の合計財産と同じだといいます。 世の中は実力主義であり、その人の才能、知能、努力などによって報酬が変わると考えている人もいます。ですが、人の能力には、貧富の差ほどの大きなばらつきはありません。

ですが、実際は裕福な人のところにさらに富は集中するように社会はできています。 カターニア大学の研究者らはコンピューターの中に、現実の人間と同じ程度の能力のばらつきがある複数の人を再現しました。その仮想の人たちそれぞれに40年の労働生活を設計し、仮想人は幸運な出来事を利用して富を増やすこともでき、一方で不運な出来事によって富を減らすこともある、そういった人生の運と不運をランダムに起こしました。

仮想人40年の仕事人生をシミュレーションしたのちに、それぞれの仮想人の人生を富の観点から解析しました。その結果、80:20の法則が仮想人でも自然と導き出され、最も富のある人々は最も幸運な人々で、富の少ない人々は不運な人々であることがわかりました。

努力は報われるのか?

関連記事
スポンサーサイト
2018-04-20 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR