FC2ブログ

カップ麺を作って1日が終わる惑星

JAXAが非常に高速で自転している小惑星を発見しました。2018 EZ2と呼ばれるこの小惑星は、2018年3月14日、日本時間のお昼ごろに地球から約21万km(地球から月までの距離の約半分)まで接近していました。現在は地球から遠ざかっています。

この小惑星が明るさの変化から、2018 EZ2の自転周期、つまり1日はわずか3分であることがわかりました。この小惑星はこのような高速回転でも分解しないほど丈夫な構造を持つ、直径20メートル、長さ140メートル程度の細長い形状をしていることも推定されました。  下のCGで大きな楕円で描かれたのが2018 EZ2の軌道です。木星軌道付近から地球の軌道の内側まで入る楕円を描いています。

カップ麺を作って1日が終わる惑星


関連記事
スポンサーサイト
2018-05-07 : 科学の小ネタ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR