FC2ブログ

ヴォイニッチの科学書 第708回 脳は4ビットで動いている

ニュージーランド・カンタベリー大学の研究者らが脳の判断はアナログではなく、デジタル処理らしいことを確認しました。  

音楽であればMP3はデジタル、レコードはアナログです。デジタルデータは複製しても劣化がほぼゼロといえますので、データを何度も複製しながら長期間保管する用途に向いています。  

遺伝情報は非常に重要で、親から子へ複製されるときに劣化すると困るので、遺伝子は塩基と呼ばれるアミノ酸分子を使ったデジタルデータとなっています。遺伝子がデジタル情報なので、何億年、何十億年も生物の体の基本設計は変化なく複製され子孫に伝えられています。  

脳も多くの情報を保存しています。神経信号はマイナス40mVからマイナス70mVの間を波のように変動するアナログ信号であるため、脳のデータはアナログデータだろうと長年考えられていました。 一方で、脳の機能を理論的に解析すると膨大な量の脳細胞がアナログで情報をやり取りするのは不可能に思えます。

脳の情報処理がアナログか、デジタルかを明らかにするためにニュージーランド・カンタベリー大学の研究者らは実験協力ボランティアに、確率を考えながら意思決定、それに基づいて行動をする思考実験に取り組んでもらいました。

実験の結果、意思決定の結果として現れる人の行動は、アナログ的に滑らかに変化するものではなく、判断は断続的で、不連続なデジタル的であることがわかりました。脳での情報処理はデジタル処理である可能性が非常に高いことを示しています。

そこで、得られたデータのビット数を疑似的に測定したところ、脳は4ビットで動作しているらしいこともわかりました。

ヴォイニッチの科学書 第708回 脳は4ビットで動いている
写真:カンタベリー大学校舎


この記事はインターネット科学ラジオ番組「ヴォイニッチの科学書」のあらすじです。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな話題をわかりやすいフレーズで配信しています。 無料版(短縮版)は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。iTunes の検索窓に「ヴォイニッチ」と入力してください。 有料版は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。


関連記事
スポンサーサイト
2018-06-30 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR