FC2ブログ

がんばれボイジャー

1977年8月に探査機、ボイジャー2号が打ち上げられました。今から41年も前のことです。 ボイジャー2号は、木星、土星、天王星、海王星の観測を行ったのち、現在は、太陽系の外側がどのようになっているのかを調べるために、地球から約177億キロメートル離れたところを、恒星シリウス方向に飛行しています。

がんばれボイジャー

2007年に、太陽起源の物質と、磁場に支配されている大きな泡のような構造、ヘリオスフィアの最も外側の領域、ヘリオシースに入り、さらに外側に向かって飛行しています。 このたび、搭載されている装置が、太陽系の外からやってくる宇宙線の、5パーセントの増加を検出しました。宇宙線は、太陽系の外からやってくるエネルギー粒子です。その一部は太陽の圧力で、太陽系の中には入ってきません。 つまり、その量が増加したということは、ボイジャー2号が太陽圏と恒星間空間の境界である、ヘリオポーズに近づいていることを示しています。もう少しで太陽系の外に飛び出して、恒星間飛行へ旅立つとみられます。

がんばれボイジャー

ボイジャー2号の速度は秒速15キロメートル、東京から大阪までたった27秒しかかからない速度です。約6万1000年後に太陽系を大きく包み込む、オールトの雲を通過し、約30万年後に恒星シリウスを通過します。 ボイジャー2号との通信はまだ10年以上可能と思われますが、ボイジャー2号は太陽を目印にして、地球の方向にアンテナを向けていますので、もし太陽を見失えばそこで通信は途絶えてしまいます。 すでに、ボイジャー2号から見た太陽は、広い宇宙の中の単なる明るい星としか見えていないはずです。


関連記事
スポンサーサイト



2018-11-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR