FC2ブログ

九州がちぎれるかも

2016年4月16日に発生した熊本地震は、熊本県・大分県を中心に甚大な被害をもたらしました。九州には、別府-島原地溝帯と呼ばれる、顕著な地殻の裂け目があります。 別府-島原地溝帯があるため、九州全体が南北に引っ張られ、北側と南側が分裂を始めています

九州がちぎれるかも


このような、地面にできた巨大な境界線では地震活動が活発で、2016年熊本地震も、まさにこの地溝帯の中で発生しました。

今回、東北大学の研究グループは、地下構造を画像化する、地震波トモグラフィー法を、九州全域に対して実施し、高密度な地震観測地図により、別府、島原地溝帯を中心とした九州地下の三次元地震波速度を詳細に求めました。

その結果、次の三つのことがわかりました。
・九州の下にはフィリピン海プレートの沈み込みとそこから水がしみだすことによる、水を含む熱いマントルの上昇がある
・別府-島原地溝帯ができた原因は沖縄トラフ、中央構造線、活火山の活動、の三つの要因が複雑に絡み合っている
・2016年熊本地震の原因は、上部地殻の固い岩盤だったこと。つまり、熊本地震の発生の原因は、別府、島原地溝帯内は不均質で不安定な構造をしており、さらにそこに膨大な量の海水の流入が関係しているためだったこと

大きな地震が発生した地域の地下深くの構造をこのように明らかにすることによって、今後起こる超巨大地震の震源を事前に推定することができるかもしれません。


関連記事
スポンサーサイト



2018-11-14 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

QRコード

QR