FC2ブログ

産学連携の超小型衛星ビジネス

大阪府の産学が10センチ角の超小型人工衛星を打ち上げる「ドリームサテライトプロジェクト」を進めています。2019年に宇宙航空研究開発機構(JAXA)のロケットに相乗りして打ち上げ、軌道に乗せる計画です。

産学連携の超小型衛星ビジネス


大阪府東大阪市の中小企業などが開発した人工衛星「まいど1号」のノウハウを活用し、コストを大幅に抑え、宇宙空間での製品試験の受託サービス参入を目指します。打ち上げと宇宙実験を含めた受託価格は2千万円程度からを想定しています。従来の人工衛星は200億~300億円程度かかります。 内閣府は17年にまとめた「宇宙産業ビジョン2030」で、日本の宇宙産業の市場規模を現在の1兆2000億円から、30年代の早期に2倍にする目標を掲げています。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
無料版は iTunesStore インターネットラジオ局くりらじから配信登録できます。
有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます。有料版にはより長時間の音声配信並びに、詳しい配付資料を提供しています。

関連記事
スポンサーサイト
2018-11-27 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

QRコード

QR