FC2ブログ

iPS細胞でパーキンソン病治療



京都大学の研究者らは iPS細胞から育てた神経細胞をパーキンソン病患者の脳に移植し、治療を開始したことを発表しました。iPS細胞から作り出した臓器細胞の患者への移植は、2014年に理化学研究所で実施された網膜細胞に続くものです。

患者は50代のパーキンソン病を発症している男性で、備蓄されていた他の人のiPS細胞を神経細胞に変化させ、240万個の神経細胞を患者の頭の左側の骨に穴をあけて特殊な注射器で移植を行いました。 今後半年間様子を観察し、問題が無ければ右側の脳にも同様の細胞移植を行う予定です。今回の臨床試験計画では合計で7人のパーキンソン病患者で臨床試験を行う計画です。

パーキンソン病は神経伝達物質であるドーパミンが不足することが原因で手足が震えるなどする神経の病気で、国内患者数は16万人と見積もられています。脳内ドーパミンを増やす薬も開発されていますが、効果は十分ではありません。

一方で、iPS細胞による治療は、移植した細胞ががん細胞に変化する可能性があり、今後慎重に観察が続けられます。治療に成功すれば、画期的な治療方法として、大日本住友製薬により保険適用を目指した手続きが進められます。 今後世界的な高齢化に伴い、中枢神経系の病気の治療はますます重要になっています。脳は医薬品を送り届けることが難しい臓器のため、中枢神経系の疾患にはいずれの病気も良い薬がありません。

また、アルツハイマー病のように原因がいまだ不明のため、効果的な薬を作ることができない疾患もあります。将来的にはアルツハイマー病についても、神経細胞移植の治療効果が期待されます。iPS細胞を使う再生医療の臨床試験は、心不全、白血病、輸血用血液の生産など今後も多くの計画があります。
関連記事
スポンサーサイト
2018-11-19 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR