今日読んだ本「世界の傑作旅客機50」

今日読んだ本
世界の傑作旅客機50 ~大空を駆け抜けた名機たちの秘密~
嶋田久典 (サイエンス・アイ新書)

実は飛行機のことはよく知らないんですけどね。
747、767、777、787、A320
知っているのはこれくらい。

それでも、おっきくてメカメカしたものが好きな属性を持つ身としては、飛行機が嫌いなわけではないので旅客機のお勉強でもしましょうか、と。

エンジンの解説とか、空気の流れの解説とかもされていますけど、そのへんはよく分からないので、各時代の飛行機の解説を読みつつ、写真を眺めつつ楽しませて頂きました。

今の飛行機って、メーカーやサイズが違っても、何となく似た形をしていますけどそれはたぶん収斂進化で、その前段階、旅客機の黎明期にはいろいろなデザインがあったのですね。

最初の頃の飛行機は軽量化のためにお客さんは籐のイスに座っていたそうです。今では新素材のシートの方が軽いのでしょうけれど、それにしても紹介されている籐のイスの旅行者はなんとも落ち着いた感じです。実際は飛行機事故も多い時代だったでしょうから、けっこうがくぶるものだったのではないかと想像するのですが・・・・
関連記事
スポンサーサイト
2012-05-18 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR