FC2ブログ

2つの銀河団を結ぶ電波の網

イタリア国立天体物理学研究所が、2つの銀河団を結ぶ電波の網を初めて観測しました。 天の川銀河のような銀河が大量に集まって銀河団を形成しています。そして、それぞれの銀河団どうしは糸のような構造で結ばれて網のような構造になっていると考えられていましたが、観測に成功した例はありませんでした。

今回観測されたのは、地球から10億光年の彼方でゆっくり衝突しようとしているエイベル0399とエイベル0401という2つの銀河団を結ぶ電波の尾根と呼ばれるものです。その実態は2つの銀河団の間にある長さ900万光年以上のプラズマの流れ、つまり電波放射です。銀河の大規模構造は網目状をしていて、銀河団は縦横の網の結び目に位置しています。 


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
毎週1テーマを紹介する無料版は Apple Podcast で聴くことができます。
毎週5テーマを紹介してPDF資料も付く有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます

関連記事
スポンサーサイト
2019-07-04 : 雑談 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

QRコード

QR