FC2ブログ

ネアンデルタール人は石器の違いで絶滅した

イタリアと日本の国際研究チームは、イタリア南部のカヴァロ洞窟から出土した三日月形の石器を分析し、この石器が投槍器(とうそうき=アルトラル:下図)あるいは弓を使って投射された証拠を発見しました。

ネアンデルタール人は石器の違いで絶滅した

ネアンデルタール人は石器の違いで絶滅した

投槍器の使用はこれまで、フランスで出土した2万3000年前のものが最古とされていましたので、今回の発見はそれをおよそ2万年遡ることになりました。

ネアンデルタール人は石器の違いで絶滅した

この時代、4万5000〜4万年前のヨーロッパでは、ネアンデルタール人と現生人類ホモ・サピエンスが少なくとも5000年間共存していた時代です。その後、ネアンデルタール人は4万年前に絶滅したのに対し、サピエンスは人口を増やして現在に至っていますが、その違いが出たきっかけはわかっていません。

今回、東北大学とイタリア・シエナ大学イタリア・ボローニャ大学の共同研究チームはイタリア南部のカヴァロ洞窟に残された4万5000〜4万年前のウルッツィアン文化層から出土した146点の三日月形石器を分析しました。カヴァロ洞窟からは人類の化石も同時に出土しました。それらはサピエンスのものであることが確認されており、分析した石器も出土の状況や石器の加工技術から判断して、サピエンスによって作成されたものであることが確認されています。

三日月形石器に付いた傷などの使用痕跡を、デジタルマイクロスコープを使って観察したところ、多くの三日月形石器で観察された衝撃剥離の痕跡が、現代において当時の技術をまねて作成された投槍器や弓で投射された石器の衝撃剥離のパターンと一致し、突き槍や投げ槍で使われた石器の傷とは明らかに異なることを確認しました。

この分析結果は、ヨーロッパに拡散してきたサピエンスが、既に投槍器や弓のような投射具を装備していたことを意味します。投槍器や弓を使った狩猟具は、強い衝撃力を持つので、サピエンスはネアンデルタール人との生存競争において有利に立つことができたと考えられます。

ヨーロッパにおける投射具利用の起源は、これまで考えられていたよりも約2 万年遡ると同時に、投槍器や弓を使って狩猟をするサピエンスは、人口と領土を拡大することに成功したものと思われます。その結果、ネアンデルタール人は、既に減少していた人口を回復させる機会を完全に奪われてしまったのかもしれません。


この記事は科学のポッドキャスト「ヴォイニッチの科学書」です。 ヴォイニッチの科学書は毎週ホットな科学の話題をわかりやすいまとめて配信しています。
毎週1テーマを紹介する無料版は Apple Podcast で聴くことができます。
毎週5テーマを紹介してPDF資料も付く有料版はオーディオブックジェーピーで配信中です。定期購読はこちらからお申し込みいただけます

関連記事
スポンサーサイト



2019-10-07 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR