Chapter-445 そもそも地球型惑星ってどうなの

 地球のように温暖な環境を備え、水が液体の状態で存在している可能性がある惑星をケプラー宇宙望遠鏡を使い1200光年先と2700光年先で合わせて3個発見したと、NASAのチームが発表しました。うち2個は岩石でできているとみられ、生命を育む海のような環境がある可能性も考えられます。

 太陽系の外で惑星が最初に発見されたのは1995年のことでしたが、初期の観測で発見されたのは木星をさらに大きくしたような巨大なガス惑星ばかりでしたので、生命が存在する可能性はほとんど無いであろうと考えられていました。

 地球のような岩石型の惑星が発見されたのはNASAが系外惑星を発見するための人工衛星「ケプラー」を打ち上げ観測を開始して以降のことでした。ケプラーは約2300個もの惑星を発見し、そのうち地球と同程度の大きさの岩石惑星は確証の持てない候補惑星も含めると246個に達します。

 最近最も注目を集めているのが「ケプラー22b」です。2011年12月に報告されたこの惑星は太陽とそっくりの中心星を持ち、地表の温度は20度くらいと推定されていますので、もし水が存在するならば液体の水でできた海が存在していて地球のような惑星である可能性があります。ただし、ケブラー22bについても残念なことに、一点、地球と大きく異なっている点がわかっています。それは直径です。ケプラー22bは地球の2.4倍の直径がある大きくて重い惑星です。重いために重力が非常に大きく、地表に起伏ができにくいため、非常に平らな惑星である可能性があり、もしそうならば表面はすべて海で、陸地の存在しない惑星となってしまいそうです。

--------------------------------------------------------------------------------

【今後のトークライブの予定】
(下関)2013年6月8日(土)10時30分 下関市生涯学習プラザドリーム・シップ【中止】 
(東京)2013年7月13日(土)19時 阿佐ヶ谷ダイナー・ヴォイニッチ 阿佐ヶ谷Loft A
(下関)2013年8月10日(土)10時30分 下関市生涯学習プラザドリーム・シップ
(周南)詳細未定 2013年秋
(大分)2013年9月 高校生向け校内行事です。(参加者募集はありません)
(富山)2013年10月 高校理科の先生向け行事です。(参加者募集はありません)
(東京)2013年11月9日 サイエンスアゴラ2013(未定)

【今後の新刊の予定】
2013年7月16日(予定) ソフトバンクから新刊でます。

--------------------------------------------------------------------------------

(FeBe! 配信の「ヴォイニッチの科学書」有料版で音声配信並びに、より詳しい配付資料を提供しています。なお、配信開始から一ヶ月を経過しますとバックナンバー扱いとなりますのでご注意下さい。)
ヴォイニッチの科学書は株式会社オトバンクが発行するオーディオブック番組です。
定期購読はこちらからお申し込みいただけます
関連記事
スポンサーサイト
2013-06-02 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR