今日読んだ雑誌「CAPA」2013年9月号

 巻頭特集記事の「キャノン&ニコン 一眼レフ頂上決戦」の記事の内容が懐かしくてとてもおもしろかったです。

 最新機種同士の比較記事もおもしろいですが、「フラッグシップの系譜」と「キャノン&ニコン一眼レフカメラクロニクル」が特に良かったです。銀塩マニュアルフォーカス時代のキャノンF-1 vs ニコンFから始まる両メーカーの歴史がなつかしかったです。

 おびおが一眼レフを使い始めた1978年頃のニコンはF2、キャノンはF-1 でした。とは言っても当時は中学生でしたので部活でも最高級機を使っている人はおらずオリンパスOM-1,2 やニコンFM や FE をみんな使っていたように思います。ちょっとお金のあるおうちの子はミノルタX-700とか使ってかも。ちなみにおびおは OM-2N でした。


関連記事
スポンサーサイト
2013-08-31 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR