フォーマルハウト惑星系 その後

地球から25光年離れたところにあり、ハッブル宇宙望遠鏡によって発見されたフォーマルハウトにはちりのリングがあり、しかもその中に惑星が存在していることが確認されました・・・という話題を何度かトークライブなどでしているのですが、このフォーマルハウト惑星系、太陽系外惑星を人類が最初に直接撮影したものとして有名です。

フォーマルハウト惑星系

ところが、最近の観測によると、これまで惑星と思われていた「もの」が予想される軌道からだんだん外側にずれていることがわかってきました。下の写真が2012年の画像ですが・・・シロウト目には誤差範囲のように見えるのですが、その他の観測データと合わせて考えると、これはひょっとすると惑星ではないのかも知れない、という考え方が有力だそうです。

フォーマルハウト惑星系

一方で、これが惑星であることが完全に否定されたわけでもなく、今後も慎重な観測が続けられるとのことです。
これまで、おびおのトークライブで「人類が太陽系外惑星を撮影した最初の例、フォーマルハウト惑星系」の話を聞かれた方は「最近では疑念が持たれているので今後の観測が期待されている」と脳内情報をアップデートして下さいね。
関連記事
スポンサーサイト
2013-12-23 : 雑談 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR