Chapter-479 菌が新年

 東北大学大学院理学研究科の研究者らがコペンハーゲン大学の共同研究によって世界最古の生命の痕跡をグリーンランドの岩石中に発見したと発表しました。この生物は38億年前の海に生息していた微生物のようです。

 研究チームが調査を行ったのはグリーンランドのイスアと呼ばれる地域で、ここには38億年前の岩石が広く分布しています。これらの岩石の中に炭素(グラファイト)を多く含んだ岩石があることが新たに発見されました。そこで、この炭素が生物由来なのかどうかの検討を行うこととしました。この岩石は熱変性を受けており、岩石が熱による変成を受けると生物の化石は失われてしまうのですが、生物を構成していた炭素などは残る可能性があります。

 詳細な分析の結果、現存する生物と同じ炭素同位体組成(12C/13C 比)を持ち、現存の生物を構成する炭素に特徴的に現れるナノレベルのかたち上の特徴が見つかったことなどから、これは38億年前の海に生息していた微生物の断片であると結論付けました。地球にいつ生命が誕生したのか、いまだに不明です。しかし今回の研究成果によって、38億年前に微生物が活動していた事が確定的となりました。




関連記事
スポンサーサイト
2014-01-11 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR