VAIO Pro13 red edition 降臨

VAIO Pro13 red edition

一ヶ月待ちだった VAIO Pro13 red edithinが届きました。
梱包の写真はその他のいろいろなブログでも紹介されていますが、ちょっと他の VAIO とは違う大人な感じです。

VAIO Pro13 red edition

red edition は Windows8 ですので、8.1 にバージョンアップする作業などに一夜かかりましたが、とてもいい感じです。

私が買った 13インチの VAIO はこれで3代目になりますが、その違いが一番よくわかるのは側面ですので積み重ねて記念撮影です。一番上が VAIO Pro13 red edition、その下が今のメインマシンの VAIO Z 最終型。これも非常に薄型ですが、断面の造形はシンプルな台形で、スーパーカーを彷彿させる red edition の複雑でカッコイイ造形と比較すると古さを感じます。

一番下はその前のメインマシンのシリンダーデザイン時代の VAIO Z。何も諦めない全部入り時代です。
この時代の VAIO Z はとても贅沢な設計になっていて、アルミのヘアラインをキレイに磨きだしたパームレストなど、非常に凝っていて、美しさでは今見ても red edition にまけません。

VAIO Pro13 red edition

天板面はどれも大して変わりませんね。
ちなみに、黒は「ダ・カーポⅡ」の朝倉姉妹。
銀は「CODE OF JOKER」の京極院沙夜さん。
赤は今のところ「機巧少女は傷つかない」の夜々さんにしようと思っていますが、思案中。
赤色のキャラと言えば「エヴァンゲリオン」のアスカさんがすぐに思い浮かびますが、京極院沙夜さんの前は1年くらいアスカさんだったので、ちょっとキャラは変えた方が良いかな・・・って

VAIO Pro13 red edition

VAIO はご存じの通り、投資会社に売却されてしまいました。
今後どんな VAIO が出てくるのかはわかりませんが、現在は台湾勢と日本のショップブランドが圧倒的な存在感を示しているゲーミングマシン市場に参入してくれると楽しいな、って思います。

VAIO はやっぱり、性能を落としてウルトラブックになって MS Office 推奨マシンになるよりも、超絶性能なゲームマシンになるべきだったと思います。ソニーのエンジニアも絶対にそれは考えていたと思います。でも、私の勝手な想像ですが、PS3 ビジネスを守るために PS3 を超えるような超高性能ゲーミングPCの開発は経営者によって禁止されていたのではないでしょうか。

PS3 とは関係なくなった今こそ、世界のゲーマーが狂喜乱舞するような、ウルトラブックがガラクタに見えるような超絶性能のマシンを出して欲しいと思います。

ま、何にしてもソニーの VAIO でたくさんの本を書かせて頂きました。
VAIO に携わったソニーの皆様には、長い間私の執筆活動を支えて下さってありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト
2014-03-16 : 雑談 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR