分子1個レベルの大きさのさやエンドウ

カーボンナノチューブは炭素原子だけできたホースのような分子です。
この中に・・・
カーボンナノチューブ

炭素原子だけでできたサッカーボールのような分子、フラーレンを入れると・・・
フラーレン

ナノスケールのさやエンドウができることが1998年に発見されました。
このさやエンドウのことを「分子ピーポッド」っていいます。
分子ピーポッド

東北大学の研究者さんたちが分子さやエンドウがどんな状態なのかを詳細に調べたところ、なんと、さやエンドウのサヤの中でエンドウ豆がクルクル回転していることを発見しました。分子さやエンドウ

どうやらカーボンナノチューブの内面はツルツルしているようで、分子サイズの装置を作るときのベアリングに使えそうな感じなのだそうです。

http://www.jst.go.jp/pr/announce/20140527/index.html
関連記事
スポンサーサイト
2014-06-28 : 雑談 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QR