わたし「解体萌え」なんです ///

コミケ C86 1日目で購入した「大淀解体」が期待通りすばらしかったです。

「大淀」というのは日本海軍の軽巡洋艦なのですが、偵察巡洋艦ともいえる船で、火器は艦隊前半分のみに搭載し、全長の半分近くを高速水上偵察機の格納庫と射出・回収関連の機材が占めている独特のスタイルをしています。

コミケのカタログを眺めていて、この大淀の解体本が出ることを知って、当日は真っ先にこのサークルに行きました。
ところが、私の前を歩いていた人がなんとこのサークルに行き、最後の大淀解体本を買ってしまったのです。
が、その方と出展者が「残りは見本誌だけだ」ということを話していたのが耳に入り、ディスプレイスタンドに立っていた見本本をその瞬間にひっつかんで確保するという、いささか大人げないことをして買って帰りました。

「大淀」解体

すごく丁寧でよく取材した記事と、商業出版と遜色ない整った文章、古道具屋などを歩いて入手した貴重な記録写真が多数収載され、当然、この本で初公開の写真もあり、いや、これは本当にえぇ買い物でした。

「大淀」解体

著者の方は、解体本のネタは他にもお持ちのようで、今回の大淀解体が第1号。この本の売れ行きによって次を考えるとのことですので、ぜひ次の解体本もお願いしたいところです。


関連記事
スポンサーサイト
2014-08-16 : 雑談 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QR