今日読んだ本 「ボーイング787はいかにつくられたか」

今日読んだ本
サイエンス・アイ新書
ボーイング787はいかにつくられたか

 あらかじめお断りしておくと本書はB787の開発や製造について書かれた本ではありません。本書の中で787に関する奇術は数ページだけです。ではなにについて書かれているかというと、ボーイング社の設立から787に至るまでの過程が克明に記された、写真で楽しむことのできる社史です。

 B787の翼や本体を日本や欧州からアメリカの工場に空輸するために開発された 747-400LCF がなんともかっこいい。見ようによってはビールビンか不発弾に翼を付けたような不思議な形に見えるのですが、航空機の翼や本体をそのまま積み込むことができるように 747の本体を拡大した貨物専用機です。

 内部の巨大な空間を使って、中に庭園を造って和風旅館を建設して旅館に泊まって北米までフライトできるとかしたらスゴイと思う。それをするに十分な広さはある感じですね。

B787はいかにつくられたか
関連記事
スポンサーサイト
2012-06-22 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR