今週の人工衛星105 ロゼッタ

ロゼッタは欧州宇宙機関の彗星探査機で、人類史上初めて探査機を水星に着陸させる計画です。ロゼッタが2014年の8月に到達して以来、観測を続けているのはにチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星です。

このたび着陸機フィラエを投下する地点が決定したとESAが発表しました。大きな岩のない平地で太陽電池に十分な太陽光が当たる場所として5つの地点が選ばれています。フィラエの着陸予定は2014年11月11日です。

彗星探査機ロゼッタ

フィラエは重さ100キロのカーボンファイバー製の六角形をしており各面は太陽電池で覆われています。彗星の地表の元素をエックス線で分析する装置やGC-TOFMS、光学カメラなど10種類の観測装置と自立航法装置を備えています。彗星は重力が小さいため、着陸と同時にアンカーを発射して自分自身を彗星に固定します。その後、1週間~1ヶ月程度の観測を行い、データは上空を併走するロゼッタを中継して地球に送られます。

彗星着陸機フィラエ


関連記事
スポンサーサイト
2014-11-01 : 人工衛星 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR