日経サイエンス 2014年4月号

今日読んだ雑誌
日経サイエンス 2014年4月号

今日は日本人の忘れることの出来ない日、3月11日ですが特集記事は「破局噴火」。
大地震と大洪水の大惨事を目の当たりにした日本人は、次は大噴火という試練が与えられるのか、という内容です。

破局噴火とは例えていえば九州の中央付近で破局噴火が起きた場合、九州は2時間以内に全滅。場合によっては北海道と沖縄以外に住んでいる日本人は生活が出来なくなり、多くの人命が失われるほどの大噴火です。

地球スケールの歴史で見ればこのような破局噴火は実際に何度も起きており、1億人の日本人の命が失われる確率は今後1万年以内に1%。それでも御嶽山の噴火はまだ記憶に新しく、破局噴火をどう予知するか、本当に科学の力が試されるところだと思います。

そうはいっても、最近になってやっとプレートテクトニクスと火山の関係がわかり始めたところなので・・・。

植物状態の人との対話(63ページ~)
 今号イチオシです。この記事は興味深い。周辺の情報を集めて近いうちにヴォイニッチの科学書のテーマにします。待ちきれない方は書店へ急ぎましょう。

顕微鏡は顕美鏡
 おなじみの電験写真に彩色をしたシリーズ。
 下の写真は地球上で初めて発見された歯車を持つ生物、ウンカの足の付け根にある歯車の写真です。直径は1ミリメートルもないくらい。ウンカはものすごい跳躍力を持っているそうですが、左右の足が動くバランスが狂うと上手にジャンプできません。そこで、歯車を使って左右の足の動きを同期させ、正確に大ジャンプを決めているのです。

↓ちなみに、本を買うとすぐにバラすクセがあるのでこんなんなってます・・・・
日経サイエンス2014年4月号

関連記事
スポンサーサイト
2015-03-11 : 今日読んだ・・・ : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR