お年寄り向け自動薬供給装置

お年寄りは定められたタイミングで薬を服用しなければならないことが多いのですが、しばしば服用が忘れられ、病状の悪化と共に、保険費用負担の増加が問題となっています。

定められた時間に音声で知らせつつ、その時に飲むべき薬が出てくる服薬支援装置が注目を集めています。この装置を開発したのはあまり薬とは縁のなさそうなクラリオンです。自動車で楽しむ音楽がCDだった時代、クラリオンは過酷な車載環境でも確実に動作する高性能なCDチェンジャーを発売していました。服薬支援装置はこのCDチェンジャー技術を応用して開発されたとのことです。

お年寄り向け自動薬供給装置

大学1年の時に車の免許を取って、最初に買った中古車にクラリオンのカーステレオが付いていました。ちょうど「City Connection」でエマニエル坊やがクネクネしながら歌っていた時代でした。エマニエル坊やもすでに43歳くらいですかね。ウィキペディアによると現在は実業家なのだそうです。
関連記事
スポンサーサイト
2015-04-06 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR