次期山手線似の自立型エネルギー供給システム稼働

川崎市と東芝が再生可能エネルギーと水素を用いた自立型エネルギー供給システム「H2One(エイチツーワン)」の実証運転を開始しました。

「H2One」は、太陽光発電設備、蓄電池、水素を製造する水電気分解装置、水素貯蔵タンク、燃料電池などを組み合わせた自立型のエネルギー供給システムです。

太陽光発電設備で発電した電気を用い、水を電気分解することで発生させた水素をタンクに貯蔵し、電気と温水を供給する燃料電池の燃料として活用します。水と太陽光のみで稼働できるため、災害時にライフラインが寸断された場合においても、300名に約1週間分の電気と温水を供給することができます。

さらに、コンテナ型パッケージとなっているため、トレーラーでシステム自体を被災地に輸送することも可能です。

次期山手線似の自立型エネルギー供給システム稼働

で、プレスリリースの写真見て「何かに似てるなぁ~」と思ったら、次期山手線車両の E235系でした。
1ユニットが丸ごと山手線に置き換わっても誰も気づかないレベル・・・・

次期山手線似の自立型エネルギー供給システム稼働

トレーラに積んで運搬できるとのことですので、山手線の1両をこれにして、自立型で走行するエコ電車とかどうですかね??? 台車付けたらすぐに山手線を走れそうですけど・・・・

これが中間あたりに一両入ってると銀河鉄道999の装甲車組み込み編成みたいな 編成日を乱すことによる萌え要素の発生イベントがすてきだとおもうのですが・・・・



ヴォイニッチの科学書イベント情報
↑科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」公式サイトへ↑

関連記事
スポンサーサイト
2015-04-25 : 週刊おびおの新製品 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

QRコード

QR