FC2ブログ

食品が健康に与える影響と腸内細菌

米国ジョージア州立大学の研究者らが、人間に対する安全性が高いとして一般に使用されている乳化剤がマウスの腸内細菌の多様性を低下させることを明らかにしました。

乳化剤はアイスクリームやマヨネーズに広く使用されています。今回のマウスを使った実験は「食事がアイスクリームのみの場合の摂取量に相当する乳化剤を摂取」という普通にはあり得ない極端な条件ではありますが、腸内細菌叢の変化によって炎症性腸疾患や代謝性疾患のリスクが上昇することがわかったということです。

近年の様々な研究で私たちの健康状態の多くが腸内細菌に支配されていることがわかってきましたが、腸内細菌は個人差が非常に大きく、当然マウスと人間でも大きく異なります。医薬品の処方においてはオーダーメイド医療などといわれて個人の遺伝子パターンに応じた治療を施すことが次第に広がってきましたが、食品添加物も同様に個人個人の腸内細菌がどのようなものであるかによって、それを食べた人に与える影響は異なるようです。
関連記事
スポンサーサイト



2015-04-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびお

Author:おびお
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。
ツイッターアカウント:@cradiobio
ものことごはん:http://obio2.blog.fc2.com/

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

QRコード

QR