世界初のマラリアワクチン実用化は目前

マラリアはマラリア原虫の寄生によって起る病気で、感染者を刺した蚊が別の人を刺すことによってヒトからヒトに伝染する感染症です。2013年のマラリア患者数は約2億人です。

現在、世界初のマラリアワクチン候補物質RTS,S/AS01(以下,RTS,S)の臨床試験が最終段階にあり、開発をしている製薬メーカー、グラクソ・スミスクラインこのたび一定の発症予防効果があることが報告しました。

アフリカのマラリア流行地域で出生した乳幼児約1万5,000人を対象とした臨床試験で、初回接種から18カ月後に追加接種した乳幼児では3~4年間に26~36%でマラリア発症を予防できたということです。有効率が示されたのは3分の1程度ではありますが、計算上数百万人の子供たちが感染から逃れられることになり、このワクチンを接種することには明確なメリットがあると判断されています。

今後、関係当局による試験結果の評価を受け、早ければ2,015年中に世界初のマラリアワクチンとして流行地域に導入される見通しです。



ヴォイニッチの科学書
↑科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」公式サイトへ↑

関連記事
スポンサーサイト
2015-05-16 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR