タンタルプラチナナノ粒子触媒なの

ンタルプラチナナノ粒子触媒なの

物質・材料研究機構が東北大学と共同で常温常圧のエタノールから効率よく電力を取り出すことができるクリーンな新触媒「タンタルプラチナナノ粒子」の開発に成功しました。

サトウキビやトウモロコシを発酵して得たエタノール燃料は海外では普及が進んでいますが、従来のエンジン用燃料の代替として使用されるため、エネルギーを取り出す段階で二酸化炭素や酸化窒素を発生させてしまい、クリーンなエネルギー源とはいえません。

そこで、エンジンの燃料として使うのではなく、ポリマー電解質膜燃料電池(PEMFC)での利用が研究されています。エタノールは2個の炭素原子が結合した分子です。PEMFC用燃料としてエタノールを使用する場合にはこの炭素と炭素の結合を切断できれば最も効率が良いのですが、この結合は丈夫なのでなかなか切断できず、エタノール分子に含まれる化学エネルギーを利用し尽くすことはできていませんでした。

炭素-炭素結合を速やかに切断する触媒を開発することを目標として研究が続けられ、ついにタンタル(Ta)とプラチナ(Pt)を組み合わせた新触媒「タンタルプラチナナノ粒子」が開発されました。今回開発した触媒を用いたPEMFCは従来触媒型の10倍以上の電流密度を達成することに成功したということです。

写真は今回開発された新触媒の電子顕微鏡写真です。
関連記事
スポンサーサイト
2015-05-31 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR