例の穴

例の穴
Warner Entertainment Japan Inc.

透明感の高いぷるんぷるんのフルーツゼリー、鳥の丸焼き、おっきなビンの牛乳・・・幼いころ見たトムとジェリーに登場するさまざまな食べ物はアメリカの豊かさを私たちに知らしめるには十分な効果がありましたが、当時の日本ではほとんど流通していなかった給食用プロセスチーズではないナチュラルチーズもトムとジェリー食品の代表だと思います。

#当時、というのが人によって違うと思いますが、昭和40年ごろ、海外渡航が自由化されてまだ間もないころに生まれた世代を中心に考えてます・・・

トムとジェリーに登場するチーズは例の穴がおいしそうに見せるポイントですが、この穴については100年ほど前になぜ穴が開くのかについての論文が発表されており、その記述通り牛乳に含まれるバクテリアが放出する炭酸ガスが原因とこれまで考えられていました。

ところが、スイスのアグロスコープ連邦農業研究所が例の穴のできる仕組みを詳細に研究した結果、微生物によるものではなく、牛乳に混入した微量の干し草が原因だったと発表しました。

微生物の作用といえば発酵なのでなんとなく健康によさそうな気もしますが、干し草交じりの牛乳を使うとできてしまうというのはちょっと知らなくてもよいことを知ってしまった気分ですね。まぁ、干し草だろうが何だろうが、食べておいしければそれでよいのですけど。
関連記事
スポンサーサイト
2015-06-07 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR