太陽の1億4000万倍

総合研究大学院大学の研究グループは、アルマ望遠鏡を用いて棒渦巻銀河NGC1097を観測し、その中心に位置する超巨大ブラックホールが太陽の1億4000万倍の質量をもつことを明らかにしました。

銀河の中心には巨大なブラックホールがあると考えられています。その重量を知ることができればその銀河の成長と進化の歴史や巨大ブラックホール誕生のメカニズムを解明することができます。いくつかの銀河について星の運動を観測することによって銀河中心巨大ブラックホールの質量の推定が行われています。

今回研究者らが世界で初めて採用した方法は銀河中心付近の特徴的な分子の雲が放出する電波を観測する手法で、この方法はこれまで中心ブラックホールの質量計測が不可能だったNGC1097のような棒渦巻き銀河などにも適用できる汎用性の高い方法だと考えられます。

太陽の1億4000万倍

上の写真は可視光線で見たNGC1097ですが、どんなに高性能な望遠鏡で観測してもこれらの星々がどのように運動しているのかを精密に計測することは不可能です。

ですが、ある特徴的なガスに着目しそのガスが放出する電波のドップラー効果を観測すると次の写真のように銀河のどの位置がどの程度の速度でどちら向きに移動しているのかを知ることができます。この移動度から中心にある巨大な重力源の重さを推定できるのです。赤色の部分はガスが私たちから遠ざかる方向に、青色の部分はガスが手前に近づく方向に移動しています。

太陽の1億4000万倍



ヴォイニッチの科学書イベント情報
↑科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」公式サイトへ↑

関連記事
スポンサーサイト
2015-06-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR