分子ペンチ

リアル世界にある道具を分子で再現しようという試みはいろいろあって、分子モーターや分子ロボットなどは興味深い研究結果がたくさん出ています。もっと身近なもっとシンプルな道具として「ペンチ」がありますが、ペンチを分子で再現するとこうなります。

分子ペンチ

この両親媒性ビナフチルはペンチのものを挟む部分が水になじみが良い構造になっていて、この部分を水につけて、水に少しだけ圧力を加えるとペンチの先端部分が閉じます。これによって別の分子を挟むことができるものと思われます。

血管の中を移動する分子ナノマシンにこのペンチを装備すれば、外部から任意のタイミングで先端部分の開閉が可能になり、まさにモビルアーマー・ヴァル・ヴァロのようなナノ医療機械を開発することが期待できます。

MA-06 ヴァル・ヴァロ



ヴォイニッチの科学書イベント情報
↑科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」公式サイトへ↑

関連記事
スポンサーサイト
2015-06-25 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

QRコード

QR