ハルキゲニアの復元図を修正

カナダ、バージェス頁岩から発見される5億年前の不思議生物の一種「ハルキゲニア」の姿が最新の化石研究によって修正される可能性が出てきました。ハルキゲニアは現在生きている生物のどれとも似ていないため、これまでも復元図が何度か修正されてきましたが、最近の最も信頼性の高い復元図は次の図のようなもので不思議な形の丸い頭と筒のようなしっぽを持つ生物とされていました。イラストでは右が頭で左がしっぽです。

ハルキゲニアの復元図を修正

保存の良い化石は身体の内部構造を残したまま化石になっていることがあり、生物を解剖するかのように化石を解剖することができます。今回、ケンブリッジ大学の研究者らが電子顕微鏡を使った化石の解剖観察によって、これまで頭と思われていた丸い構造はゴミまたは、おしつぶされたことによってにじみ出したハルキゲニアの内蔵で、丸い構造を除去するとその内部に口を持つ小さな頭が隠されていたことがわかりました。

最新の観察によって再現されたハルキゲニアの姿は下のようなものです。

ハルキゲニアの復元図を修正


http://www.cam.ac.uk/research/news/newly-discovered-ring-of-teeth-helps-determine-what-common-ancestor-of-moulting-animals-looked-like
関連記事
スポンサーサイト
2015-06-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR