スマホの心臓ペースメーカーへの影響はほぼ無いけどゼロではないようです

ドイツ心臓センターの研究者らが欧州心臓律動学会で発表した研究です。

心臓ペースメーカーを使用している300人以上の患者に3機種のスマートフォンを、機器を埋め込んだ真上の皮膚に直接当てる実験を行いました。発信、着信、通話、切断などを3400回以上行い、影響を調べたところ、1人だけ影響が出たことがわかりました。この影響は軽微なもので生死に関わる問題ではありませんでした。ですが、スマートフォンが心臓ペースメーカーに影響を与えることはほぼ無いけれど、全くないとはいえないことがわかりました。

絶対に起きない、を証明するのはなかなか難しいものです。

よく言われることですが、「影響がある」「問題がある」ことを示すのは事例を一つ見つければ良いのですが、「影響がない」「問題が無い」を証明するのはとてつもなく困難で、ほぼ不可能です。あまり無理難題を科学に突きつけないでください。
関連記事
スポンサーサイト
2015-07-10 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR