2015年7月11日撮影の冥王星

冥王星最接近までジャスト2日となった探査機ニューホライズンズが7月11日夕方(日本時間)撮影した冥王星です。
冥王星までの距離は400万キロメートルです。
非常に複雑な地形や、暗い色のスポットが何によるものか、科学者らは大いに興味を示していますし、今後さらに接近して撮影された画像や、すでに撮影されているもののまだ地球に送信されていない画像も含めた解析が期待されます。

2015年7月11日撮影の冥王星
(NASA/JHUAPL/SWRI)
関連記事
スポンサーサイト
2015-07-12 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR