チョウチョには好きな色がある

アゲハが自由に飛び回れるような広さと、自然な明かりのある箱を用意します。この箱の床面にはいろいろな色の円が描かれています。この箱の中にお腹をすかせたアゲハを放つとほとんどのアゲハは数分以内にどれかの色の上にとまってストローのような吻を伸ばして、蜜を探す行動をします。

チョウチョには好きな色がある

基本的にアゲハは青色が好きなようですが、特にメスの場合、箱の中にオレンジのにおいを満たすと赤い色の上で蜜を探すようになり、温州ミカンの木のにおいを満たすと緑色の上で蜜を探すようになるなど、臭いに応じて最も蜜を得やすい色の上にとまる行動をとります。この行動はさなぎから出てきたばかりのアゲハであっても観察されました。

生きていくために必要なのだから、と言ってしまえばそれまでですけど、サナギから出たばかりのアゲハが、周辺にどんな植物があるのかをにおいで認識して、その「色」を目指して飛んでいくっていうのはすごいですね。タマゴから成虫になるまでの関連遺伝子の発現の変化とかに興味があります。



ヴォイニッチの科学書
↑科学情報ポッドキャスト番組「ヴォイニッチの科学書」公式サイトへ↑

関連記事
スポンサーサイト
2015-07-19 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

QRコード

QR