京都に世界最大のレタス工場 量産効果で価格差無し

京都に世界最大のレタス工場 量産効果で価格差無し

京都市の農業ベンチャー・スプレッド社が木津川市(京都府)に世界最大の生産能力を持つレタス工場を建設します。2017年夏稼働の予定で、1日3万株ものレタスを収穫できる完全自動化野菜工場となります。野菜工場製の野菜は無農薬・高品質ですが、設備投資の関係から露地物よりも高価でしたが、量産効果によって露地ものと同程度の価格に抑えることができる予定です。

近年は気候の変動によって露地ものの作物の供給が不安定になったり、品質が低下したりする問題が現実に起き始めています。日本は食料を大量に輸入していますが、自国で食べる量が不足している状態で日本に食料を売ってくれるお人好しな国はありません。食べるものがなく、労働もできない底辺国への転落を回避するためには、野菜工場による食料の安定的な自給自足体制を整えることが急務だと思います。

たとえば、二酸化炭素を多く排出するプラントを持つ工場は植物工場ビジネスに参入することによって、工場の廃熱の利用と、二酸化炭素を作物に変換することによって、よりエネルギー効率が高く、環境に優しく、社会に貢献できる次世代の工場に変化していけるのではないでしょうか?
関連記事
スポンサーサイト
2015-08-06 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

QRコード

QR