次世代の石炭ガス化複合発電(IGCC)システムの開発に着手

まず、「CCS」と「IGCC」という2つの単語について・・・

CCS ( Carbon dioxide Capture and Storage )=二酸化炭素回収保存
 発電所等から発生する二酸化炭素を他のガスから分離回収し、地下に注入し安定した地層に貯留したり、ドライアイスにして海洋に隔離することにより、大気中に温室効果ガスである二酸化炭素が排出されることを防止する技術。

IGCC ( Integrated coal Gasification Combined Cycle )=石炭ガス化複合発電システム
 石炭を水蒸気などと反応させてガス燃料に変換し、ガスタービンとガスタービン排熱で水蒸気を発生させタービンで発電する発電設備。

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は、発電時に発生する二酸化炭素をほぼ全量回収しても、最先端の石炭火力発電と同水準(42%)の発電効率を達成できる次世代の石炭ガス化複合発電システムの2035年商業化に向けた開発に着手すると発表しました。実質、二酸化炭素排出ゼロの石炭火力発電の実現を目指します。

発電所から放出される二酸化炭素の回収保存技術はすでにありますが、現在の方法は回収保存の行為そのものが大量にエネルギーを消費するため、結局効率の低下や発電コストの上昇を招いてしまいます。そのため、このエネルギーロスの低減が課題です。
関連記事
スポンサーサイト
2015-08-22 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

QRコード

QR