グラフェンの原子間力顕微鏡写真

グラフェンは炭素原子が六角形に集まった原子1個分の厚さしかないシートですけど
参考:http://obio.blog.fc2.com/blog-entry-761.html
下の写真はそのグラフェンの原子間力顕微鏡写真です。
黒いところは穴が開いているわけではなくて、6個の炭素原子のうち対称の位置関係にある2個の炭素原子が2個のホウ素原子と置き換えられているので顕微鏡では黒く見えるのだそうです。

ホント、グラフェンってきれいです。
いつか、この表面を電子が滑走している様子も写真に撮れたりするのでしょうね。

グラフェンの原子間力顕微鏡写真
 科学技術振興機構プレスリリースより引用
関連記事
スポンサーサイト
2015-09-05 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

QRコード

QR