生きてて良かった

ナショジオの記事によりますと、カエルツボカビ病で絶滅したと考えられていたカエルの中の一種が生存していることが発見されたそうです。私たちの気づかないところで毎日膨大な量の生物種が絶滅しているそうですが、それでも、たった一種であったとしても病気の蔓延を逃れることに成功して生きていたのはウレシイですね。

Atelopus bomolochos
ヤセヒキガエル属の1種(学名:Atelopus bomolochos)
Alejandro Arteaga, Tropical Herping


関連記事
スポンサーサイト
2015-09-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR