偏光ガラス窓

偏光ガラスを2枚重ねて片方だけくるくる回転させると透明になったり、真っ黒になったりが刻々と変わりますが、そのまんまのしくみの窓を神奈川工科大学が開発したそうですが・・・・・・・・今までなかったの????

偏光ガラスを回転させて光の透過率を変えることによって、いろいろな室内作業に最適の明るさにするそうですが、難点は円い窓にしか作れないこと・・・。今後は四角い窓に後から取り付ける方式の装置などを作り、住宅やビルの窓での実用化を目指すとのことですが・・・。あれって、物理的に回転させないといけないので難しいような気がしますね。

広い壁の中にぽつんと窓が埋め込んであるなら簡単ですけど、よくある連続窓や住宅の開閉式窓はなんかとてつもなく開発のハードルが高そうです・・・っていうか、本当に今までなかったの????
関連記事
スポンサーサイト
2015-09-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR