リチウムイオン電池の6倍の容量を持つリチウム空気電池

リチウム空気電池の新たな電極が発明され、既存のリチウムイオン電池の6倍の容量を達成しました。現在600km走行できる電気自動車にこのリチウム空気電池を搭載すると最高で600kmは走行できそうです。

ただし、問題点は繰り返し充電回数でしょうか・・・。100回以上の繰り返し充放電が可能とされていますが、もうちょっと寿命が欲しいですよね。頻繁に交換 or リフレッシュができるほど安価になれば、その点はあまり問題ではないかもしれませんが・・・。

東北大学の研究者らが開発したリチウム空気電池は正極に新たに開発した多孔質グラフェンを使用した電池です。通常のリチウムイオン電池が正極にコバルト系やマンガン系の化合物を用いているのに対し、リチウム空気電池はリチウム金属と空気を電極として使用し、リチウム金属、電解液と空気だけで作動する電池です。ここに、下の写真のようにナノスケールで大量の隙間があり、体積比で表面積が著しく大きい正極を採用することによって大容量化に成功したものです。

まだこの電極は開発段階のため、今後は実用化のための研究が続けられます。

ナノ多孔質金属の3次元立体図
関連記事
スポンサーサイト
2015-09-26 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

QRコード

QR