汚泥発電

家庭や事業所から排出される汚泥には大量の有機物が含まれ、天候などの影響を受けず排出量が一定しているので、優良なエネルギー源になり得ることが数十年前から知られていました。ですが、これまではほとんどが焼却処分されその熱の回収などは行われていませんでした。

それが法整備と新技術の開発で汚泥のエネルギー源としての汚泥の利用が注目を集め始めています。汚泥をタンクに貯めて微生物の力で発酵させ、メタンを得ます。得られたメタンガスはガスエンジン発電の燃料になりますし、燃料電池に投入してメタンから水素を取り出して燃料として使用することも可能です。福岡市では汚泥から作った水素でトヨタ自動車の燃料電池車(FCV)「ミライ」を走らせています。

国土交通省の試算によると汚泥をすべてエネルギー源に使用できたと仮定すると88万戸分の電気をまかなえるとされています。
関連記事
スポンサーサイト
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR