蛍光色に光るウミガメ発見

蛍光色に光るウミガメ発見
David Gruber

上の写真は南太平洋のソロモン諸島で絶滅寸前になっているウミガメの一種です。初めて発見された蛍光で光るは虫類です。蛍光とは照射した光とは別の色で光を発する性質のことです。蛍光は光を吸収して活性化し別の波長の光を出す分子が存在していなければなりませんが、このカメは絶滅寸前のためどのような蛍光物質が、どのような代謝メカニズムで生み出されているのかはわかっていません。

上の写真はこのウミガメに青い光を照射して撮影した姿です。
関連記事
スポンサーサイト
2015-10-04 : ヴォイニッチの科学書 : コメント : 0 :
コメントの投稿
非公開コメント

« next  ホーム  prev »

おびおのプロフィール

おびおがしかし

Author:おびおがしかし
会社員をしながら科学のコンテンツを作ってます。書籍とか、トークライブとか、セミナーとか、ネットラジオとか、Webコンテンツとか。でも、楽しいことしかしません。楽しいことしかできない病、TD! それがおびおなのです。
苦手な食べ物:シーチキン、レバー、昆虫系
Web:ヴォイニッチの科学書
お気づきの点はメール
twitter:科学の自動会話プログラム ぼっとびお。

スヴァールバルの画像保管庫

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ワトソンの検索窓

ロザリンド・フランクリンのダイアリー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QRコード

QR